髪の毛を太くするには?

髪が細くてハリがないとボリュームがないように見えて、老けた印象を与えてしまいます。また、細くなることで抜けやすくもなります。女性の髪はさまざまな原因で細くなることがありますが、髪の毛を太くすることも可能です。髪の毛を太くするための3つの方法を紹介します。

 

 

 

 

1)太くなる栄養素とは?

髪が発毛し、成長するためには栄養が必要になります。ファストフードばかりだったり、ダイエットなどでバランスの悪い食生活をしていると髪に必要な栄養が取れずに髪が細くなります。また、冷たい物や甘い物、塩分の摂り過ぎ、カフェインの摂り過ぎは血行不良を招き、髪の栄養不足から髪が細くなります。

 

揚げ物や肉、チーズなどの油分や脂肪分の多い食事をすると、皮脂分泌が過剰になり毛穴が詰まるので髪が細くなったり、うねりのある髪になる場合があります。逆に髪を太くする食事の仕方としては、まずは髪を細くする食べ物を控えて、髪を太くする食材を取り入れましょう。髪を太くする栄養素として髪の材料となるタンパク質、髪の合成をサポートする亜鉛、血流を促進するビタミンE、頭皮環境を整えるビタミンB群、亜鉛の働きを助けるビタミンCが挙げられます。

 

タンパク質は動物性脂肪の多いものは控えめにし、豆乳や納豆などの大豆製品で取り入れるのがおすすめです。女性ホルモンの働きに似たイソフラボンも含まれ、髪の成長に役立ちます。また、亜鉛は牡蠣や煮干しなどに、ビタミンEはナッツ類やかぼちゃなどに、ビタミンB2は卵やレバーに、ビタミンB6は鮭やバナナなどに、ビタミンCは柿やレモン、ピーマンなどに含まれます。上手に取り入れたバランスのよい食生活を心がけましょう。

 

2)良質な睡眠時間とは?

髪は睡眠中に修復し、成長します。良質な睡眠を取ることで髪の成長を促進する成長ホルモンの分泌が高まり、髪を太くする効果も期待できます。成長ホルモンは睡眠後30分から3時間の間が最も分泌される時間ですが、より多く分泌させるためには、規則正しい生活をし、寝る前には刺激になるようなことはしないことが大切です。

 

寝る3時間前までに食事、寝る1時間前までに入浴し、スマホやパソコンの画面を見ないようにします。また寝酒は寝付きはよくしますが、眠りが浅くなるので避けるようにしましょう。良質な睡眠をたっぷりとって、太い髪を育てましょう。

 

3)忘れてはならない頭皮環境

頭皮環境も髪の太さを決める大切な要素です。頭皮の毛穴が皮脂や老廃物で詰まると細い髪しか生えなくなるどころか、抜け毛も増やし薄毛を招きます。ですから頭皮を清潔に保ち、皮脂分泌過多にならないように乾燥を避けることが大切です。

 

そのためには正しい頭皮ケアを行うことが必要となります。まず、シャンプーをする前にスタイリング剤を使っていない場合にはブラッシングして頭皮の血行を良くし、汚れを落としておきます。そして38度程度のぬるま湯で1分程洗い流してからシャンプーを泡立てて指の腹で頭皮をマッサージするようにして洗います。そして、すすぎ残しが髪が細くなる原因になるので、丁寧にすすぎます。

 

タオルで8割程度、水分を吸い取ったら、必ず頭皮を中心にドライヤーをかけて髪を乾かします。濡れたままだと雑菌の繁殖を招き、髪が細くなったり、薄毛の原因になるからです。これに加えて育毛剤などでのマッサージを加えるとベストと言えます。あと外出時には頭皮の乾燥を避けるために帽子や日傘、UVカットスプレーなどでの紫外対策もおすすめです。

 

女性の細い髪は対策次第で太くすることができます。日々のケアで太い髪になって、周りの人と差をつけちゃいましょう。