女性が40代から抜け毛が増える理由って?

40代になると急に頭皮の地肌が目立つようになったとか髪のボリュームがなくなったと悩む女性が多くなります。今ではウィッグも数多く販売されているのでおしゃれを楽しむことができますが、できれば自分の髪の毛でのおしゃれを楽しみたいものです。40代から抜け毛が増える理由はどこにあるのでしょうか?

 

更年期の影響

閉経の大体5年前になると言われる更年期。40代になると更年期の影響を受けて、ホルモンバランスが乱れやすくなるのが抜け毛が増える理由の1つと言えます。更年期になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少します。

 

エストロゲンは髪の発育、成長に関わるホルモンゆえ、エストロゲンが減少することで髪のハリやコシがなくなったり、髪の毛が細くなったり、ヘアサイクルが乱れて髪の成長期より退行期、休止期の方が長くなって抜け毛が増えるようになります。

 

ですから急激なエストロゲンの減少を防ぐことが、抜け毛を減らす鍵と言えます。そのためにはエストロゲンと似た働きをする大豆製品に含まれるイソフラボンや亜麻仁油に含まれるアマニリグナンを摂ることがおすすめです。食事の際に取り入れてみましょう。

 

食生活の影響

食生活も大いに関係します。40代になると基礎代謝が低下する上にホルモンの影響もあり、それまでと同じ食事をしていたとして太りやすくなります。しかも若い頃は胸やお尻に付いた脂肪が、女性ホルモンの減少の影響で内臓に付きやすくなり、内臓脂肪型肥満が増えます。

 

内臓脂肪型肥満は皮脂を活発に分泌させるので、頭皮の毛穴に皮脂が詰まらせたり、皮脂が酸化することで抜け毛の原因となります。また40代になると冷え症に悩む人が一段と増えます。冷え症や太ることで血流が悪くなり、髪に必要な栄養が運べなくなるので抜け毛が増えます。
抜け毛を減らすためにも和食中心のバランスのよい食生活を心がけ、抜け毛の原因である冷え予防のために冷たいものや甘い物の摂り過ぎに気をつけましょう。

 

ストレスの影響

40代は自分の健康や子どもの教育のこと、仕事や介護のことなどたくさんの要因でストレスが多くなる時期です。ストレスが溜まると男性ホルモンの分泌が活発になり抜け毛が増えてしまいます。ストレス解消のためにウォーキングなどの軽い運動を取り入れると血行も良くなるのでおすすめです。

 

また、睡眠は疲労を回復し、ストレスの解消につながり抜け毛予防に効果的です。特に睡眠後30分から3時間の間に熟睡できると髪の成長に役立つ成長ホルモンがたくさん分泌されるので、熟睡できるように心がけることが大切になります。寝るまでの3時間以内の食事、1時間以内にテレビやパソコンを見るのは控えて良質な睡眠を取れるように気をつけましょう。

 

まとめ

40代になると更年期や食生活、ストレスの影響で抜け毛は増えがちです。ですが、しっかりとした予防策をとれば髪のボリュームを保ち続けることが可能です。抜け毛自体がストレスにならないように、抜け毛対策に取り組んでいきましょう。